Miki KOYAMA

ーー2018年シーズンが始まりましたが、今年の小山美姫のレース活動計画はどのようなものでしょうか?
「今年はSRS-Formulaをメインに活動します。選抜に選ばれて入校が認められたので、アドバンスクラスに進んでいます。それだけでなく、スキルアップを目指して様々なカテゴリーに参戦させて頂きます。FIA F4はフィールドモータースポーツさんから全戦参戦予定です。N-ONE OWNERS’ CUPには7月の富士、9月の岡山、最終戦の鈴鹿に出させて頂く予定です。KYOJOは去年に続いて同じチームでフル参戦します。S耐とFITのレースもスポット参戦予定です」

ーーSRS-Fは鈴鹿サーキットで行なわれるスクールという位置づけで、毎年優秀なドライバー参加してその中の最優秀選手にはスカラシップが与えられますが、実際に参加してみてどんなスクールでしたか?
「SRS-Fはまず1月にアドバンス選考会のステップ1としてフォーミュラ・エンジョイやS2000などで基本的な運転技術の確認が行なわれて、そこは受かるだろうなという自信はありました。でもフォーミュラ・エンジョイとフォーミュラ・ドリームの車両で本格的な走行が始まるステップ2に進むと最初はトップと2秒くらい差があったんです。でも講師の方々にアドバイスを頂きながら少しずつタイムを縮めていって最後はコンマ数秒差の争いまで伸びて選抜に選んで頂くことができました」

20180416-01

ーーそして8名の選抜者たちによる入校式が行なわれました。
「入校式でSRSのレーシングスーツを頂いて、今年はこれを着て学びながら戦うんだって気が引き締まりました。ちょっとダボダボでしたけど(苦笑)。でもこれはまだスタート地点でしかないし、2日間×5回のアドバンスできちんと成長と技術を見せて最後のスカラシップ選考会に残って最後までこのレーシングスーツを着たいと思いました」

ーーアドバンスに参加してみていかがでしたか?
「もう2回終わったんですけど、アドバンスの1回目はフォーミュラ・ドリームで西コースを走りました。スプーンから立ち上がって西ストレートで218km/hまで出ますし、F4よりも速いくらいのクルマです。最初はトップから0.6秒くらい差があったんですが、2回目は1周をまとめることができてトップにかなり近付くことができました。かなり僅差の中ですけど、最初に比べれば希望は見えてきました。次の3回目からは東コースと国際レーシングコースでの走行も始まります。走行のたびに毎回レポートも提出したりと、速くなるためにやらなければならないことはたくさんあります。決して簡単なことではありませんが、しっかりと努力してスカラシップ選考会に残れるように頑張りたいと思います」

ーー今シーズンは各カテゴリーにかなり良い体制で臨むことができていると思いますが、今年の目標は?
「去年は勉強の1年でしたけど、今年は結果の1年だと思っています。やはりなんといっても一番はSRS-Fでスカラシップを獲得することですが、それだけでなくどのカテゴリーも勝ちたいと思っています。KYOJOは2年連続チャンピオンを獲りたいですし、N-ONEは3戦とも優勝したい。FIA-F4も毎戦ポイント圏内を争ってシリーズランキング上位が見えるポジションにつけていたいと思っています。まずは女子初のポイント獲得が最初の目標ですけど、その次は表彰台が目指す場所になると思っています。SRS-Fでもスカラシップを獲得できるように努力したいと思います」

MIKI-KOYAMA-20180420-09

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。