Miki KOYAMA

小山美姫の「夢」を共有し、

小山美姫とともに戦い、

「感動」を分かち合って頂ける方を募集しております。

 

 

F1という夢に向かう道筋

F1を世界最高峰として、そこに続くフォーミュラカーのレースが世界各地で開催されています。F1を目指すレーシングドライバーたちは、GP2、スーパーフォーミュラ、F3、そしてF4というピラミッドを上っていきます。

CATEGORY

2015年にフォーミュラカーレースの登竜門として創設されたのが、F4というカテゴリーです。F1を統括するFIA(世界自動車連盟)の下、ドイツやイタリア、北米、東南アジア、そして日本など世界各国で共通規定のFIA-F4選手権が開催されています。

 

F1参戦に必要とされるスーパーライセンスを取得するためには、こうした下位カテゴリーの成績に応じて付与されるスーパーライセンスポイントを2年間で40点獲得する必要があります。F1直下のGP2ではランキング2位までが40ポイント、FIA-F3では王者が40点、ランキング2位が30点、スーパーフォーミュラ王者が25点といった中、FIA-F4王者には12点が付与され、同ランキング7位までポイントが与えられます。このことからも、FIAがFIA-F4を高く評価し、若手育成の重要なカテゴリーと位置づけていることが分かります。

 

FIA-F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP の魅力

PARTNERS-02

日本のFIA-F4 JAPANESE CHAMPIONSHIPは主要構成部品を日本国内企業が開発・生産したワンメイク車両で戦います。全車が同じ車体(童夢)、エンジン(トムス)、タイヤ(ダンロップ)で戦うことで、ハードウェア面でイコールコンディションが保たれ、ドライバーの技量次第でレースが決まるのです。

 

FIA-F4には15歳から参戦資格が認められ、若いドライバーたちがより早くレース経験を積むことができます。このカテゴリーで経験を積み、ドライビング技術を学ぶことは、今後のステップアップに向けて必要不可欠だと言えます。

 

日本一の規模と観客動員数を誇る「スーパーGT選手権」と同時開催であり、2016年の年間総動員数は32万4000人。若手のエキサイティングなレース展開もあり、FIA-F4にも内外から大きな注目が集まっています。

 

小山美姫の2017年活動計画

PARTNERS-03

男性ドライバーが多い中で女性ドライバーの参戦ということもあり、小山美姫は各所でご注目をいただいています。

 

小山美姫が参戦を計画している2017年のFIA-F4 JAPANESE CHAMPIONSHIPは、以下の開催日程が予定されています。

 

2017 FIA-F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP

Rd.1-2  岡山国際サーキット(4月4日〜7日)

Rd.3-4  富士スピードウェイ(5月2日〜4日)

Rd.5-6  オートポリス(5月19日〜21日)

Rd.7-8  スポーツランドSUGO(7月21日〜23日)

Rd.9-10  富士スピードウェイ(8月4日〜6日)

Rd.11-12 鈴鹿サーキット(8月25日〜27日)

Rd.13-14 ツインリンクもてぎ(11月10日〜12日)

 

ご支援・ご協賛の募集

PARTNERS-03_

小山美姫の活動内容にご理解いただき、ご支援・ご協賛をお願いいたします。

 

ご協賛いただける企業様には、レーシングカーやレーシングスーツ、ヘルメット、チームウェアなどに御社名または御社の商品・ブランドを掲出させていただきます。

 

年間30万人を超えるサーキットへの来場者はもとより、小山美姫の様々なメディアへの露出を通じて、御社名または商品・ブランドのアピール、認知度向上効果が期待できます。

 

また、小山美姫自身も御社のイベントやPR活動に協力させて頂きます。

 

ぜひご協賛いただき、サーキットへお越しいただき、小山美姫とともに夢を追いかけてください!

 

ご興味・ご関心のある方は、info@miki-koyama.comまでご連絡ください。

 

PARTNERS-04

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

    • masha23
    • 2017年 2月 07日

    美姫ちゃん夢を掴むまで頑張ってね!!!あなたを応援する一般人も多いぞ!!!
    なにか美姫ちゃん応援グッズ作って欲しいな。小山美姫って入ったスポーツタオルとかキーホルダーとか!!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。